FC2ブログ
美味しいものを自然体で提供したいと勝手に思ってる楽山若大将の気ままなブログ

うに


 祥子にはどうしても好きになれない食べ物があった。
 うにだ。
 子供の頃、父親に連れて行ってもらった回転寿司。
 「旨いぞ」
 と、言って勧められ口に運んでびっくりした。
 薬くさいような消毒薬のような微妙な味。
 子供心に大人はこんなものを好むのかと驚いた。
 以来、口にしたことはない。

 あれから10数年が過ぎ祥子も自分のお金ですし屋に入れるようになった。
 まぁ、回転寿司ではあるが。
 近頃では回転寿司もレベルが上がって立ちのすし屋と遜色ないねたも
 ふんだんにある。
 でもうにだけは食べようとは思わない。
 あの、消毒のような記憶が甦るのだ。
 一生、縁がないと思っていた

 そんな祥子にもいい男友達ができた。
 元という北海道出身の彼だ。
 ガソリンスタンドのアルバイトで知り合った。
 無骨な大人しい男だった。
 2人とも映画が好きでそんなとこが引き合ったんだと思う。
 都会育ちの女と田舎育ちの男。
 人生はいつもひょんなことから始まる。

 ある日、両親の話になった。
 祥子のところは典型的なサラリーマンだったが
 元の実家は水産加工会社を経営していた。
 いずれは実家を継ぐという。
 「へぇ、じゃあいつか北海道に帰るんだね」
 祥子はちょっと寂しくなったが
 知り合ってまだ3ヶ月。付き合ってるのかさえはっきりしてないのに
 がっかりしてる自分に少し驚いた。
 「うにの加工してるんだ。大変だけど結構実入りは良いみたい」
 「うに?うにってあのうに?」
 「そう、すしとかにするやつ」
 「無理、無理、無理!あたし、うにだいっ嫌いなの!」
 「え、あんなに旨いのに何で?」
 祥子は子供の頃の話をした。
 元がケラケラ笑う。
 「知らないんだよ、本物の旨さを」
 いつかすし屋に行こうという話になった。

 バイト代も出てすし屋に行くことになった。
 祥子はあまり気が進まなかったが元はノリノリだ。
 「久しぶりだもん、すし」
 すし屋のガイドブックでこの店ならという店を元が選んできた。
 高級そうだったがネタの値段が全て明記してあり安心して
 食べられそうな店だった。
 「いらっしゃい」
 まだ30過ぎぐらいの若い大将だった。
 飲めない2人はあがりを頼んで早速握ってもらうことにした。
 マグロ、中トロ、白身。
 玉子に穴子。
 突然、元がうにの話をし始めた。
 実家がうにの加工会社だということ。
 そして祥子のうに嫌いなこと。
 若い大将は笑って言った。
 「その薬くさいのは防腐剤の香り。輸入物や粗悪なものには
  たっぷりふりかけてある。上物は薬の味なんかしないよ」
 そしてうにが出てきた。

 うに

 祥子はたじろいだが元も強く言うので思い切って口に入れた。
 驚いた。
 あの嫌な味は全くなく柔らかな甘みと風味が徐々に広がる。
 目からうろこだった。
 「な、旨いだろ?これがうにの味だって。ねぇ大将」
 祥子はこれで北海道にもいけるかな、と思った。


 すし屋のカウンターには発見がある。


一宮 すし 寿司 すし券 でら吟 宴会 接待 法事 慶事 結納 ランチ ワイン 記念日 誕生日 出前
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

楽山の今月のおすすめです
プロフィール

楽山若大将

Author:楽山若大将
すし割烹楽山の二代目です。趣味は美味いものを食べること、美味いものを作ること、野球(観る事、草野球)競馬(能書きだけで馬券をはずすのが得意)読書、落語鑑賞etc。

楽山ホームページ

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ポチっとお願いします!
ランキング参加中
ポチっとお願いします。
ランキングに参加しています!
ご意見・ご感想をメールにて!
楽山に対するご意見・ご感想・美味しかった料理・改善して欲しいことなどお気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
258位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
124位
アクセスランキングを見る>>
地域別アクセス

ジオターゲティング
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR