fc2ブログ
美味しいものを自然体で提供したいと勝手に思ってる楽山若大将の気ままなブログ

変化と経験




朝目覚めていつも気にするのは肩と肘。

痛みはないか、無事に上がるか。

異常がない事を確認して、達矢は起き上がる。




小学2年から野球を始め、甲子園を目指した。

残念ながら県大会で敗退したが、全国制覇をした事がある大学から声がかかり神宮でも投げた。

ドラフトの声もあったが漏れ、社会人の門を叩いた。

「アマチュアの星になる」

そう心に誓い、雨の日も風の日も走り、投げ続けた。

都市対抗にも出場したがもう、肩は悲鳴をあげていた。

30歳も過ぎればアマチュアではベテランだ。そろそろ進退も考えねばならない。

でも、達矢はまだできると信じていた。

故障して半年、整形外科やスポーツ診療所、ありとあらゆる所を訪ねた。

お陰で痛みは治り、ブルペンで投球練習ができるまでになった。

幸い、今年は新型インフルエンザの世界的蔓延で各スポーツが軒並み中止に追いやられていた。社会人野球も例外ではなかった。




達矢はチャンスだと思っていた。シーズンの開幕が遅れれば、間に合う。

でも、全盛期の直球には遠く及ばなかった。




自粛要請の解除に合わせて、学生時代、よく通った寿司屋の大将に会いたくなった。

野球好きだった大将は達矢始め、チームメイトにただのような値段で寿司を振る舞い、ビールを飲ませくれた。




久しぶりに店の前に立った。

「すし勢」

という看板は変わってなかったが随分綺麗になっていた。

「大将、お久しぶりです」

「おぉ、大脇くんか、久しぶり。元気だったか?

ってもこんなご時世だ、元気でもないか」

「お陰さまで、なんとか、ビールをください」

瓶ビールを2人で乾杯した。

「もう、何年になる?」

「10年です」

「早いなぁ。俺はお前さんがドラフトにかかるのをホント楽しみにしててな、でも、社会人の結果も見てるよ。頑張ってるじゃねぇか。なに、プロに行くのが全てじゃねーや」

そう、プロには未練はない。あるのはマウンドだ。

玉子をつまみで食べた。あの頃と変わらない甘くて出汁が効いてて。

コハダを握ってもらった。相変わらず締め具合が申し分ない。

社会人になって上司に何軒も連れて行ってもらったが、ここの寿司以上に美味い寿司に出会った事がない。

「大将、お店、改装したんですね」

「5年になるかな。もう俺も若くない。出前と並寿司中心の寿司屋から変わろうと思ってな。今ではいいお客もそれなりに付いて、お前さん達が来てた頃とはちょっと違うんだぜ」

「へぇ、そうなんすか。大将の寿司は昔から美味いからきっと、大丈夫なんすよ」

「人間はな、変化するのを恐れる生きものだ。でもな、思い切って変わってみると新しい何かに出会えるってもんだ」

達矢はハッとした。

達矢のピッチングは速球を中心に力で押すピッチングだった。

全盛期の直球がないなら変化球で勝負してもいいのではないか。

「そうだな、俺だって若ぇ頃みたいにはいかねぇよ。でもな若い奴にはない経験がある。お前さんも、もう一花咲かせたいんなら変わってみるのも悪かねぇぞ。また、マウンドに上がる姿を見たいってもんよ」

ビールは5本目になっていた。

変化と経験。

自信に満ちた大将の言葉と寿司が達矢の背中を押した。





楽山の今月のおすすめです
プロフィール

楽山若大将

Author:楽山若大将
すし割烹楽山の二代目です。趣味は美味いものを食べること、美味いものを作ること、野球(観る事、草野球)競馬(能書きだけで馬券をはずすのが得意)読書、落語鑑賞etc。

楽山ホームページ

カレンダー
04 | 2023/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ポチっとお願いします!
ランキング参加中
ポチっとお願いします。
ランキングに参加しています!
ご意見・ご感想をメールにて!
楽山に対するご意見・ご感想・美味しかった料理・改善して欲しいことなどお気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
283位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
140位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR