美味しいものを自然体で提供したいと勝手に思ってる楽山若大将の気ままなブログ
本日は定休日でした。

所用で名古屋へ。

目的地に向かっていたらこんな看板が。



今話題の、「えんとつ町のプペル」光る絵画展の会場がありました。

Facebookだったかなぁ、名古屋でやってるようなことを見かけたのですがまさかこんな風に出会うとはね。

入ろうか迷いましたが、これも何かの縁だと思い入館してきました。

えんとつ町のプペル、ネットでの無料配信を閲覧しました。

お笑い芸人、キングコングの西野亮廣さんの著作。

まさか、こんなクオリティの高い絵本を書いてるとはびっくりしました。

ピース又吉さんの「火花」にも驚きましたが。

いろんな物議を醸しましたがいろんな意見があると思いますよ。

でも、今の世の中いろんなアプローチがあっていいんじゃないかと。



光り輝く原画を見たら鳥肌が立ちました。

すごい。これ、写真では伝わない!直に見ないと。





そして、さらにSNSで拡散OK、撮影OK。

この器の大きさにも感動しましたね。

飲食店でも撮影禁止の店があると聞きます。

あ、楽山違いますよ(笑)

どんどんシェアしてください。なんならボクのレシピも真似してください。

誰かが喜んでくれたらそれでOK。

美術館や写真展、撮影禁止のところが圧倒的に多い。

それも理解できます。

この絵本もネットで閲覧自由にしたら本が売れなくなるんじゃないかと懸念もあったそうです。

でも事実、売れている。

この会場でも、売っていました。

で、買いました(笑)



久しぶりにAmazon以外で直に買った本。

なんだか、温かみを感じました。

地元の大きな本屋さんが今月で閉店するそうです。

いろんな背景があるでしょう。

昔はボクもよく行っていましたが、最近ではポチッが主流。

その店がなくなる要因の一端を担いでいます。

飲食店も同じ。

ネット上で繁盛してるようにみえても、実は、みたいな。

それも、いろんな事情があるとは思いますけどね(笑)

何が大事か、それぞれが本当に考えること。

でも、何が大事か、それぞれ違うんだけど(笑)

「えんとつ町のプペル」

その中の一節です。

「信じぬくんだ。たとえひとりになっても」

心に刺さりました。

いい休日になりました。

2017/02/15 | 若大将の本棚 | PAGE TOP▲
世の中には時々、不思議なドラマが生まれる。

競馬の世界もそう。

先日のシンザン記念。勝ったのは伏兵、キョウヘイ(父リーチザクラウン)。雨中の淀のターフを差し切った。

この、キョウヘイ。名前の由来はオーナーの知人の息子さんから。その息子さんはもうこの世に居ない。

21歳の若さで癌で他界された。

オーナーは知人のブログでそのことを知り、競馬好きだった彼の名前を授けた。

息子さんが競馬場で観戦した最後のレースがシンザン記念だという。



この話を聞いてボクは涙が出た。

そんなことが世の中にあるんだ。競馬ってやっぱり素晴らしい。

そんな競馬の感動エピソードを綴った本がこちら。



感動競馬場~本当にあった馬いい話

珠玉の28のエピソードに胸を打たれます。

競馬が好きでも知らなくて見楽しめる一冊。

ぜひ、ご一読を。

2017/01/11 | 若大将の本棚 | PAGE TOP▲
相変わらずの事ですが、本を買うばっかりでなかなか読む時間がありません。

この連休の移動時間は絶好の読書タイム!

と言っても、ホテルで寝れないので移動中に眠くなってしまうんですけどね(笑)

なんとか読んだこの1冊。



何かと物議を醸す堀江氏の著書です。

賛否両論あるでしょうが、興味深く読ませていただきました。

個人の飲食店が生きていくには?ヒントがたくさん書いてあったと思います。

ボクが実践してる事もあれば、これからの参考になる事。

食べる事が大好きなホリエモンならではのご指摘でしょう。

いろんな意見があっていい。

これが全てではないし。

飲食に携わる人は1度読んでみるといいかなって思います。

やっぱり、連休明けは仕込みが追いつきません(笑)

今夜も頑張ろっと。

2016/10/21 | 若大将の本棚 | PAGE TOP▲
先日、こちら葛飾区亀有公園前派出所の連載終了が発表されましたね。

約40年の連載。単行本にして200冊。

ボクが小学校の頃にはもう週刊少年ジャンプでは人気の連載でした。

心に残る、漫画ってありますか?

ボクは「味いちもんめ」

主人公の伊橋くんが板前修業しながら成長していく漫画です。

SMAPの中居くん主演でドラマ化もされました。

ご存知の方も多いかと思います。

単行本は全部持っているのですが、この間、こんなものを見つけてしまいました。



味いちもんめ、独立編(笑)

あの伊橋くんが雇われとはいえ板長になっているシリーズ。

思わず、大人買いしてしまいました(笑)

原作者のあべ善太さんが亡くなって、ちょっと真面目になった感のある伊橋くん。

それでも、随所に板前の舞台裏が描いてあって楽しめます。

このシリーズはさらに板長、店の責任者として、なるほどなぁと感心する場面も多々あって読み応え十分。

自分に置き換えて考えると学ぶこともたくさんある感じです。

劇中の店の名前も「楽庵」って名前でちょっと親近感もあるしね(笑)

しばらく、楽しめそうです。

2016/09/08 | 若大将の本棚 | PAGE TOP▲
今日は風が強く少し肌寒い、楽山のある愛知県一宮市。

こんな日はまだ熱燗でいけそうですね。

 

最近、報道などを賑わせている数々の不祥事。今ではインターネット上でも話題になり必要以上にバッシングを受けていることも多いような気がします。

確かに悪いことは悪いんですが。

そんなことを思いながら、ふと思い出したのが小学校の頃読んだ大好きな本です。



砂田弘 著

確か、学級文庫にあったのかな。何度でも繰り返し読んで、自分でも購入。友達に貸しては返ってこなくなったりして、今あるのは何代目でしょうか(笑)

少年野球のヒーロー「チビ六」が主人公。給食費を無くして、それを端に起きた八百長事件やチームメイトの親が加害者被害者となるひき逃げ事件。文章にするととんでもない話なのですが、児童文学とあって非常にソフトに書かれていて、ストーリーや野球の描写も上手く書かれているので今読んでも本当に面白いのです。

世の中には裏も表もあって、ついていい嘘、悪い嘘もあると思います。誰かを守るための嘘や傷つけないための誤魔化しも時には必要。

その代わり、罰や罪は受けなければなりません。

主人公「チビ六」の所属するエッグスの監督「熊さん」。人と罪に向き合う姿勢には心が洗われます。

なんだか、今の時代って一発レッドカードばかりでイエローカードが無いような気がするのはボクだけでしょうか。

他人のミスや失敗をやたらバッシングする人。もし自分が逆の立場になったらどうするんでしょうねぇ。

ふと思って手にした30年以上前の本を読んでそんなことを思いました。時代が良かったのかもしれませんがインターネットも携帯電話もなかった頃の方が人間ってもっと人間らしかったのかもしれません。

二死満塁(ツーダンフルベース)

ボクの人生の中で出会った最高の本の一冊です。

2016/04/11 | 若大将の本棚 | PAGE TOP▲
楽山の今月のおすすめです
プロフィール

楽山若大将

Author:楽山若大将
すし割烹楽山の二代目です。趣味は美味いものを食べること、美味いものを作ること、野球(観る事、草野球)競馬(能書きだけで馬券をはずすのが得意)読書、落語鑑賞etc。

楽山ホームページ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ポチっとお願いします!
ランキング参加中
ポチっとお願いします。
ランキングに参加しています!
ご意見・ご感想をメールにて!
楽山に対するご意見・ご感想・美味しかった料理・改善して欲しいことなどお気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
496位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
199位
アクセスランキングを見る>>
地域別アクセス

ジオターゲティング
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR