美味しいものを自然体で提供したいと勝手に思ってる楽山若大将の気ままなブログ
10年なんて月日はあっという間だ。
それでも10年でいろんなことが変わっていく。
大輔は有希乃が店を出したのを人伝に聞いた。
夢を叶えた有希乃に会いたかったけど、どの面を見せていいのかわからなくて躊躇していた。
15年前、大輔と有希乃は付き合っていた。食品会社に勤める大輔と料理好きな有希乃は気が合った。デートは専ら食べ歩き。
イタリアン、フレンチ、焼肉に居酒屋。中華も行ったし山奥の蕎麦屋にも行った。有希乃がとりわけ好きだったのが寿司だった。
高級店には滅多に行けなかったけど給料のほとんどを食べ物に使っていたと思う。
ある時、有希乃が言った。
「私、お店やりたいな」
「店って、飲食店?」
「そうだよ」
「有希乃がやるなら、洒落たカフェみたいなの?」
「ううん、お寿司屋さんやりたい」
大輔はびっくりして思わず吹き出してしまった。
女の子が寿司屋をやるなんて無理に決まっている。修行は大変だし、なにせ男社会だ。女性なんて受け入れてくれるわけがない。
有希乃がおもむろに取り出したのは寿司の学校のパンフレットだった。数十万で数ヶ月、寿司のことを学んで就職も斡旋してくれるという。
「面白そうじゃない?」
「まぁ、そうだけど、本気なの?」
こうと決めたらすぐ行動するのが有希乃の性格だった。半年間のカリキュラムを終え、寿司屋で働き始めた。休みも違うしお金を貯めるからと大輔の誘いにもあまり乗らなくなって、合うこともなくなった。メールもいつしか途切れ途切れになった。
大輔も新しい彼女を作ろうとしたが、なかなかそうはいかない。有希乃と一緒だった頃をよく思い出すようになっていた。
有希乃が働く姿を見たい。有希乃が握る寿司を食べてみたい。そう思いながら行動に移せなかった。
夏がそろそろ終わりを告げようとする時、思い切って有希乃の店に行く事にした。客としてじゃない、昔の友人として、夢が叶ったお祝いを言いたかった。
日本酒を手土産に店の前に立つ。目立った看板もなく、小さなお品書きが玄関の前にあった。扉を開けようとしたが鍵がかかっていた。女1人で仕事してるんだから当然かもしれない。磨りガラスの切れ目から覗くと仕込みをしている有希乃の姿が見えた。
扉を叩くと有希乃が気づいて、店の中に入れてくれた。
「久しぶりじゃない。元気?」
「おめでとう」
「何年経ってると思ってんの?」
有希乃が笑った。長かった髪はばっさり切られていて帽子の裾から刈り上げられたうなじが見えた。
お祝いの酒を渡すと有希乃は軽くお礼を言った。
「お寿司食べる?昨日の残りのネタだけど」
断る理由もなかったから大輔はカウンターに座った。
カウンターと奥の厨房の仕切りに暖簾がかかっていて薄い藍色に白地で「ゆき乃」と染め抜かれている。有希乃の好きな藍色だ。
有希乃は小気味よく握った。
白身に赤身、イカにウニ。
なんとなく男の職人が握った寿司とはちょっと違う感じがした。
コハダが出てきた。
頬張って飲み込むと大輔は思わず頷いた。塩も酢も実にいい塩梅だ。久しぶりに美味いコハダを食べた気がする。
コハダは漢字で「小肌」とも書く。
いかにも女性っぽいネタではないか。
大輔はまた有希乃とやり直したくなった。
「あれ、もうお腹いっぱい?」
「俺、店、手伝おうか?」
「ダメ、ウチのスタッフは女性オンリーなの」
有希乃は悪戯っぽく笑った。
ふらっと京都に行った時のこと。

武大は無性に寿司が食べたくなり店を探した。

京都の夏は茹だるように暑い。祇園辺りを散策して、高台寺のアップダウンの激しい坂を歩き汗が噴き出す。

ふと見ると、江戸前寿司と書いた看板を見つけた。京都で江戸前寿司って珍しい、入ってみることにする。

カウンターとテーブルだけのこじんまりした店だった。60を過ぎたぐらいの大将がひとりで切り盛りしていた。とりあえず生ビールを頼む。だが、瓶ビールしかないという。まぁ、しょうがない。瓶ビールで我慢してグラスに注ぎ一気に飲み干した。噴き出していた汗が一気に引いていく気がした。

つまみをお任せで頼んだ。京都らしく、湯葉の刺身が出て、蛸の柔か煮が続いた。可もなく不可もなく無難な味だった。武大は気になる物があった。カウンターの上に置いてある玉子焼きだった。まだ開店間もない感じだったので、おそらく焼きたてだろう。大将に玉子焼きを切ってくれと頼んだ。

口にして驚いた、卵の味が濃く出汁も効いている。湯葉や蛸より玉子焼きのが気に入った。

「大将、美味い玉子焼きですねぇ」

「おおきに。やっと玉子焼きを褒められるようになりましたわ」

意味がよくわからない。60も過ぎているのだからきっとキャリアは40年は経っているはずだ。キョトンとしている武大に大将はつとつと話始めた。

元々は関東の人間で、東京で修行中に京都出身の女性と出会い結婚して、ここに店を構えたという。2人で店を切り盛りしてたらしいが、博打好きが興じて、仕込みを女将さんに任せるようになった。仕入れをして自分はパチンコや競馬に出かける。夕方に店に戻り女将さんが仕込んだネタを握る。手先が器用な人で大抵の仕込みは直ぐ覚えたという。

女将さんの大の得意は玉子焼きだった。お馴染みさんにも好評でいつしか大将は玉子焼きは一切焼かなくなったらしい。

「アホやったんですよ。女房の体調が悪いのも気づかず遊んでたんやから」

女将さんは癌だった。しかも末期の膵臓癌で闘病生活も長くなく亡くなったという。

女将を亡くした後、博打は一切辞めて仕事に打ち込んだ。元々は腕のいい人だったのだろう。お馴染みさんも徐々に戻ってきて店もなんとか持ち直した。

「でも、玉子焼きだけはお馴染みさんに褒められへんかった」

大将が恥ずかしそうに笑う。

「いや、これなら天国の女将さんも納得じゃないですかね。ま、ボクは女将さんの玉子焼き食べたことないけど。食べてみたかったな」

大将にビールを勧めたが、酒も博打も足を洗ったからと断られた。

「息子2人は勤め人になったけど、孫が、じいちゃんみたいな寿司屋になるんやって言うてくれてな。それまでは頑張らないかんと思って」

そう言って大将は笑った。

人生はやり直しがきく。武大はそんな言葉を思い出した。

そして、玉子焼きをお代わりした。

「お父さん、入院したよ」妹の貴和子からメールがきた。父の博は癌を患い3度目の入院だ。もしかしたら、今度はヤバイかもしれない。

父の反対を押し切り、東京の大学に進み、念願だった広告代理店にも就職した。もう直ぐ40歳になるのだが結婚はせず、仕事一本で生きてきた。

もしかしたら、博の血を引いているのかもしれない。父の博は小さな寿司屋を営んでいた。地元ではそれなりに名の通った寿司屋で田舎に似せないいいネタを置いてあると評判だった。ネタを吟味して手を加えた仕込みをする江戸前の握りだった。博が特に力を入れていたのは鮪の仕入れだ。その時季の1番いい鮪を仕入れるのが博の流儀だった。

いい鮪を仕入れると、そんな日の博は上機嫌で学校から帰ると鮪をブロックに捌きながら

「腹減ってないか」

と、聞いてくる。真紀子は何を食べさせてくれるのか知っていた。皮ぎしの身をスプーンですくい手巻きにしてくれる。トロに目がない真紀子の大好物だった。海苔の香りと鮪の脂がたまらない。子供がてらにこんなものを食べて贅沢だと思ったけど、これも寿司屋の娘の特権だと思っていた。

家を出てからはそんな事もなくなった。家を出たのと同時に寿司屋の娘の特権も失ったのだ。10年前に母の須磨子が他界し、1人で店を切り盛りしていた父親だったが癌を患ってから廃業していた。

社会人になり、それなりの給料を貰うようになって寿司屋に出入りもするようになったけど、父の巻いてくれたトロの手巻き以上に美味しいトロ鉄火に遭遇した事がなかった。

妹の貴和子に今週末、帰るとメールを返信して、クライアントとの打ち合わせを終えた帰り道、一軒の寿司屋を見つけた。

カウンターに座り、生ビールを頼んだ。真紀子より一回りぐらい歳上の大将に今日のおすすめを聞いた。

「今日はねぇ、塩釜からいい鮪が入ってるよ」

そう言って、嬉しそうに大将は冷蔵庫から鮪のブロックを取り出した。昔、父親の博もこんな風に嬉しそうに真紀子に見せてくれたものだ。まだ、掃除のしていない鮪のブロック。皮もまだ付いていた。もしかしたら、あの頃の皮ぎしの手巻きが食べられるかもしれない。

「大将、無理なお願いをしてもいいですか?その鮪の皮ぎしで手巻きを巻いて欲しいんです」

「お、旨いところ知ってんだねぇ。いいよ、お姉さん、べっぴんだしサービスしたげるよ」

大将はそう言って鮪を捌き出した。そして、皮ぎしの身をスプーンですくっている。真紀子の手にトロの手巻きが手渡された。

海苔の香りが鼻腔を擽る。頬張ると鮪の柔らかい脂の旨みが口の中に広がった。

あぁ、この味だ。子供の頃、お父さんが巻いてくれた手巻きの味。涙が出てきた。昔の思い出と一緒に。

「あ、ごめん、わさび入れすぎたかな」

真紀子は涙を拭きながら首を横に振った。

  晃平はスマートフォンの地図アプリを頼りに香苗の部屋に辿り着いた。
インターホンを鳴らしたのだが、それに反応することもなくドアが開く。
おそらく、約束の時間とぴったりだったから、晃平だと思ったのだろう。
 暫く振りに会う香苗は化粧っ気もなく、長い髪を束ねていた。別居して4年、一緒に暮らしていた頃はもう少し短い髪だったと思う。それよりも、マニュキュアもしなかった指先には少しデコレーションされたネイルアートが施されていて驚いた。
「離婚届。サインと印鑑頼む」
 このまま、別居のままでもよかったけど、踏ん切ることにした。子供2人はもう社会人。離婚になんら支障はない。まぁ、せいぜい子供たちの結婚の時に少し面倒かもしれないが、晃平も香苗もまだ50過ぎて間もない。新しいパートナーを見つけて第2の人生を歩むにはまだ充分な時間があると思ったからだ。離婚の話を切り出したら、香苗はあっさり承諾した。もしかしたら彼女もそれを早々に望んでいたのかもしれない。
 「もし、なんかあったら連絡してくれ」
  「なんかあったら?私たち、離婚するのよ。他人同士、連絡する必要なんて、ないんじゃない?」
 少し、妙な笑顔で香苗は言った。昔から、キツイことを笑って言う女だった。
 いや、違う。付き合ってた頃はそんなことはなかったと思う。一緒に暮らしだして、子供が産まれ、日々の生活の中でお互いの価値観が違うことに気がつき始め、彼女はそんな風になったのだと思う。
 
 悪いのは俺なのかもしれない。晃平はふとそう思った。
  「じゃあ」
と、声をかけて香苗のマンションを後にした。呆気ない幕切れだ。気付けば腹が減っていた。そういえば午前中にクライアントとの打ち合わせが長引いて昼飯を食べるタイミングを逃していた。香苗との約束もあったし、時間に遅れた時の香苗の眉間に皺を寄せた顔を見るのが嫌だったし。
この街は来たことがないわけじゃないが、知ってる店もなかった。晃平は知らない街で寿司屋に入るのが密かな楽しみだった。便利な世の中になった。スマートフォンを取り出し、近くの寿司屋を検索する。歩いて10分ほど、駅からは逆方向だが良さそうな寿司屋を見つけた。
 店内に入る。カウンターとテーブルだけの小さな寿司屋だった。色黒で背の小さな大将がカウンターかテーブルにするか聞いてきた。普段ならカウンターに座るところだが、テーブルに座ることにした。
 瓶ビールを頼み、先ずは一気にコップ一杯を飲み干した。そういえば香苗と出会った頃は時々、寿司屋に行ったのを思い出した。まだ20歳そこそこだった2人は薄給で、それでも背伸びして回らない寿司屋に行った。なんだか大人になった気がしたものだ。
 やがて、香苗が身籠り、結婚することになった。晃平は香苗に精一杯の指輪をプレゼントしようと当時の蓄えをほとんど使い果たした。
 「もう贅沢はできないね。最後にお寿司食べに行こうか」
 2人で入った古い寿司屋。60過ぎの夫婦で切り盛りする小さな寿司屋だった。
  「並寿司にしよ。お金無いしさ」
 2人で食べた並寿司を思い出した。
   瓶ビールを飲み干し、色黒で背の小さな大将に並寿司を注文した。一瞬、怪訝そうな顔をされたが、すぐに黒い桶に盛られた並寿司が運ばれてきた。マグロ、イカ、エビ、タマゴ、タコ、アナゴ、鉄火巻、カッパ巻き。ビニールでできた人造ハランが添えてあった。並寿司なんて食べるのはあれ以来だと思う。今では少しは稼げるようになり、名の知れた寿司屋にも行けるようになった。それでも、今食べている並寿司がやけに美味しく感じた。
 「大将、ご馳走様。お釣りは要らないから」
店を出た。並寿司。並ってなんだろう。離婚したら並の人生じゃ無くなるのだろうか。夕暮れの新緑の風を感じながら、晃平はそんなことを考えていた。

(フィクションです(笑)若大将が書いたショートストーリーの8作目になります。カテゴリーで以前の作品をご覧いただけます。ご興味のある方、どうぞ)

 祥子にはどうしても好きになれない食べ物があった。
 うにだ。
 子供の頃、父親に連れて行ってもらった回転寿司。
 「旨いぞ」
 と、言って勧められ口に運んでびっくりした。
 薬くさいような消毒薬のような微妙な味。
 子供心に大人はこんなものを好むのかと驚いた。
 以来、口にしたことはない。

 あれから10数年が過ぎ祥子も自分のお金ですし屋に入れるようになった。
 まぁ、回転寿司ではあるが。
 近頃では回転寿司もレベルが上がって立ちのすし屋と遜色ないねたも
 ふんだんにある。
 でもうにだけは食べようとは思わない。
 あの、消毒のような記憶が甦るのだ。
 一生、縁がないと思っていた

 そんな祥子にもいい男友達ができた。
 元という北海道出身の彼だ。
 ガソリンスタンドのアルバイトで知り合った。
 無骨な大人しい男だった。
 2人とも映画が好きでそんなとこが引き合ったんだと思う。
 都会育ちの女と田舎育ちの男。
 人生はいつもひょんなことから始まる。

 ある日、両親の話になった。
 祥子のところは典型的なサラリーマンだったが
 元の実家は水産加工会社を経営していた。
 いずれは実家を継ぐという。
 「へぇ、じゃあいつか北海道に帰るんだね」
 祥子はちょっと寂しくなったが
 知り合ってまだ3ヶ月。付き合ってるのかさえはっきりしてないのに
 がっかりしてる自分に少し驚いた。
 「うにの加工してるんだ。大変だけど結構実入りは良いみたい」
 「うに?うにってあのうに?」
 「そう、すしとかにするやつ」
 「無理、無理、無理!あたし、うにだいっ嫌いなの!」
 「え、あんなに旨いのに何で?」
 祥子は子供の頃の話をした。
 元がケラケラ笑う。
 「知らないんだよ、本物の旨さを」
 いつかすし屋に行こうという話になった。

 バイト代も出てすし屋に行くことになった。
 祥子はあまり気が進まなかったが元はノリノリだ。
 「久しぶりだもん、すし」
 すし屋のガイドブックでこの店ならという店を元が選んできた。
 高級そうだったがネタの値段が全て明記してあり安心して
 食べられそうな店だった。
 「いらっしゃい」
 まだ30過ぎぐらいの若い大将だった。
 飲めない2人はあがりを頼んで早速握ってもらうことにした。
 マグロ、中トロ、白身。
 玉子に穴子。
 突然、元がうにの話をし始めた。
 実家がうにの加工会社だということ。
 そして祥子のうに嫌いなこと。
 若い大将は笑って言った。
 「その薬くさいのは防腐剤の香り。輸入物や粗悪なものには
  たっぷりふりかけてある。上物は薬の味なんかしないよ」
 そしてうにが出てきた。

 うに

 祥子はたじろいだが元も強く言うので思い切って口に入れた。
 驚いた。
 あの嫌な味は全くなく柔らかな甘みと風味が徐々に広がる。
 目からうろこだった。
 「な、旨いだろ?これがうにの味だって。ねぇ大将」
 祥子はこれで北海道にもいけるかな、と思った。


 すし屋のカウンターには発見がある。


一宮 すし 寿司 すし券 でら吟 宴会 接待 法事 慶事 結納 ランチ ワイン 記念日 誕生日 出前
楽山の今月のおすすめです
プロフィール

楽山若大将

Author:楽山若大将
すし割烹楽山の二代目です。趣味は美味いものを食べること、美味いものを作ること、野球(観る事、草野球)競馬(能書きだけで馬券をはずすのが得意)読書、落語鑑賞etc。

楽山ホームページ

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
ポチっとお願いします!
ランキング参加中
ポチっとお願いします。
ランキングに参加しています!
ご意見・ご感想をメールにて!
楽山に対するご意見・ご感想・美味しかった料理・改善して欲しいことなどお気軽に!

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
グルメ
416位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レストラン/飲食店
173位
アクセスランキングを見る>>
地域別アクセス

ジオターゲティング
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR